Home > 治療メニュー一覧 > 先天性眼瞼下垂

先天性眼瞼下垂

先天性眼瞼下垂とは

生まれつきまぶたを挙げる筋肉が働かないことや、力が弱いため眼瞼下垂となります。
先天性の治療は筋肉を短縮したり自分の筋膜や腱を使って、まぶたを挙げることが出来るようにしたりします。

ページの先頭に戻る

先天性眼瞼下垂の特徴

眼球運動障害など眼瞼下垂以外の異常を伴わない、単純性眼瞼下垂が90%以上を占めます。
先天性は片側の眼瞼下垂が多く、ほとんどが眼球運動障害を伴いません。
検査時、下方視の瞼裂幅は腱健側よりも大きくなり、下まぶたが軽度に下垂します。
先天性の単純眼瞼下垂のほかには動眼神経麻痺、眼瞼縮小症候群、Marcus Gunn現象などがあります。

ページの先頭に戻る

先天性眼瞼下垂症例

挙筋短縮術
挙筋短縮術
筋膜移植術
筋膜移植術
腱移植術
ページの先頭に戻る

先天性眼瞼下垂の治療項目

【挙筋短縮術】

伸びてしまった腱膜を一度瞼板からはがし、一部分を切り取り、腱膜の長さを短くして瞼板に縫合することにより、まぶたをあげる手術です。

拳筋短縮術

【筋膜(または腱)移植による吊り上げ術】

まぶたをあげる筋肉(上眼瞼挙筋)の力が、かなり弱いか、全くない場合に適応になります。
まぶたの筋肉は動かないため、まぶたと、おでこの筋肉(前頭筋)の間に筋膜を移植し、おでこの筋肉の力でまぶたを上げるようにします。
筋膜は太ももから、腱は前腕から採取して行うことが多い手術です。

吊り上げ術
先天性眼瞼下垂のよくある質問

ご予約・お問い合わせ

生まれつきまぶたを挙げる筋肉が働かなかったりするため、まぶたを挙げることが出来ない。

詳しい治療はこちら

両側性が多く高齢者に多く見られます。見た目は上まぶたが延長して大きく被さっています。

詳しい治療はこちら

コンタクトレンズ長期使用や、パソコンなどの画面を長時間観る人などが原因で進行性です。

詳しい治療はこちら
ページの先頭に戻る