Home > 治療メニュー一覧 > 老人性眼瞼下垂

老人性眼瞼下垂

老人性眼瞼下垂とは

老人性眼瞼下垂は両側性がほとんどです。
左右差が生じることがありますが、見た目には上まぶたが延長して大きく被さっていても、眼瞼挙筋機能は正常に保たれており、眼位・瞳孔・眼球運動に異常がありません。
高齢者に多く見られ、コンタクトレンズ装用や外傷が原因でない状態を指します。

ページの先頭に戻る

老人性眼瞼下垂症例

眉毛下術
上まぶた術
眉毛下術
眉毛下+二重まぶた形成術
眉毛下術
ページの先頭に戻る

老人性眼瞼下垂の治療項目

【上まぶた余剰組織切除術】

まぶたをあげる筋肉(上眼瞼挙筋)は機能していますが、まぶたの皮膚のたるみが強く、下垂している場合に適応になります。たれ下がった余分な皮膚と皮下組織、眼輪筋、脂肪を切除します。
二重まぶたの線(重瞼線)に一致する部位にて切除するため、傷跡が目立ちにくいというメリットあります。
上まぶたの皮膚の薄い人や脂肪の少ない人など、腫れぼったくないまぶたの人に向いています。

上まぶた余剰組織切除術

【眉毛下余剰組織切除法】

眉毛下切開術は、上瞼(まぶた)を切開しないで、たるみを取る施術です。
眉毛の下のラインに沿って切開し、たるみを除去しますので、傷が目立ちません。
もともと上瞼(まぶた)が厚い方は、二重のラインで切開法を行うと、さらに厚ぼったさが増しますので、この施術が適しています。
非常に腫れが少ないのも眉毛切開術の特徴です。


この術式では縫合線、つまり眉毛の下の切開線が必ず残ることになります。
この傷跡を目立たなくすることが手術のポイントです。
眉毛下から離れた傷跡は目立ってしまうので、眉毛の下側の産毛の部位で切開し、なお且つメスを入れる角度を眉毛と平行にすることで、眉毛の毛根をできるだけ温存できます。
最終的に傷跡直上に眉毛が生えてくるようにすることが大切です。


通常、5~15mmの幅でたるみの程度に応じて紡錘形(ぼうすいけい)に切除します。
皮膚切除の際に、厚い皮下脂肪や眼輪筋を切除することになります。


手術後には、眉毛の位置は下がり、目と眉毛の距離は縮まります。
そのため目と眉毛のバランスを一番いいところにしたいため、眉毛下皮膚切除術の際に、前頭骨(額の骨)の骨膜に、眼輪筋を縫合・固定して眉毛の下降を防ぐ眉毛固定術を行うことがあります。


麻酔は局部麻酔で、手術は約40分~1時間。抜糸は通常術後5日目に行います。
上眼瞼除皺術と比較して、術後の腫れが非常に少ないことがメリットです。また抜糸後は眉毛の下の傷跡をアイブロウで隠せます。

眉毛下余剰組織切除法
老人性眼瞼下垂のよくある質問

ご予約・お問い合わせ

生まれつきまぶたを挙げる筋肉が働かなかったりするため、まぶたを挙げることが出来ない。

詳しい治療はこちら

両側性が多く高齢者に多く見られます。見た目は上まぶたが延長して大きく被さっています。

詳しい治療はこちら

コンタクトレンズ長期使用や、パソコンなどの画面を長時間観る人などが原因で進行性です。

詳しい治療はこちら
ページの先頭に戻る