Home > 治療メニュー一覧 > 腱膜性眼瞼下垂

腱膜性眼瞼下垂

腱膜性眼瞼下垂とは

腱膜性眼瞼下垂は、コンタクトレンズ長期使用(10年以上で急増)の人、パソコンなどの画面をお仕事などで長時間観ることが多い人、アレルギーなどで慢性的に目をこする頻度の高い人などが原因で進行性です。
眼位・瞳孔・眼球運動に異常なく、ネオシネジンに反応します(中等度~高度では反応が鈍い場合があります)。
まぶたをより挙げるために、前頭筋を収縮させ、眉毛を挙上するので結果としておでこにシワが寄り、上まつ毛と眉毛の幅が広くなります。
その際に上まぶたの凹みが増強され、独特の表情を呈します。
多くは両側性ですが、発症時期に左右差が生じることがみられます。

ページの先頭に戻る

腱膜性眼瞼下垂の特徴

腱膜性眼瞼下垂はまぶたが開けにくいだけでなく、肩こりや頭痛、不眠、イライラ感などの症状も合併することが多いため、整形外科や神経内科などの診療科をはじめに受診し、異常が見当たらないとしばしば言われるため、単なる老化と諦めてしまっている方も多くおられるようですが、正しい治療をすれば、日常生活がずいぶんと楽になります。

ページの先頭に戻る

腱膜性眼瞼下垂症例

腱膜手術(松尾式治療)
腱膜手術(松尾式治療)
腱膜手術(松尾式治療)
腱膜手術(松尾式治療)
腱膜手術(松尾式治療)
腱膜手術(松尾式治療)
ページの先頭に戻る

腱膜性眼瞼下垂の治療(腱膜手術)について

腱膜性眼瞼下垂症は加齢や化粧・花粉症・コンタクトレンズの長期間使用などで、まぶたが擦れることにより、まぶたの板(瞼板)とまぶたを挙げる筋肉(上眼瞼挙筋)の間をつないでいる筋(腱膜)が、瞼板からはずれてゆるんでしまうことにより生じます。
この結果、まぶたを開けようとして上眼瞼挙筋が収縮しても、その力が十分に瞼板に伝わらなくなるため眼瞼下垂になります。


これを補うために、眼瞼挙筋に付随している筋肉(ミュラー筋)を収縮させてまぶたを開けます。
ミュラー筋が収縮するためには交感神経が緊張する必要があり、交感神経が常に緊張していると頭痛や肩こり、手足の冷え性、不眠などを生じることがあります。


当院ではゆるんではずれてしまった腱膜を瞼板にとめなおす「腱膜手術」を行っています。この手術は信州大学病院形成外科の松尾教授が広めた松尾式治療法とも呼ばれています。
「腱膜手術」を行うと、代償期の人では意識も努力もせずにまぶたが上がるようになり、頭痛・肩こり・疲労感が改善します。非代償期の人ではまぶたが瞳孔の上まで上がるようになります。
手術は局所麻酔で行い切開は重瞼線に一致するようにします。手術は約1時間で終了し、そのまま帰ることが出来ます。

腱膜性眼瞼下垂の治療

手術後の注意

  • 1.手術後はできるだけ安静にして、患部を圧迫したり、擦ったりせずに、上まぶたを冷やしてください。
  • 2.手術当日・翌日は縫合している創部を濡らさないようにして、抗生剤と鎮痛剤を内服してください。
  • 3.手術後3日目から、シャワーで軽くお湯がかかったり、洗面やシャンプーなどでまぶたが少し濡れてしまっても心配はありませんが、石鹸で擦ったり押えたりする洗面はしないでください。
  • 4.抜糸は手術5日後に行います。まぶたのメイクは抜糸以降に出来ますが、術後1か月は擦らなくても泡で浮かせて、流せば取れるくらいのメイクにしてください。
  • 5.コンタクトレンズの使用は、術後約1か月は控えていただいております。

術後経過

皮下出血やまぶたの腫れは大変個人差があります。術後1週間程度でかなり腫れがひきますが、残り20~30パーセントの腫れはゆっくりと時間の経過とともに軽減します。


まぶたが少し痛かったり、閉じにくかったり、物が二重に見えたりという症状が一時的に出ることがありますが、大抵は徐々に治っていきます。ただし、症状が強い場合は、必ず医師に相談してください。
まぶたが原因の頭痛、肩こりなどの症状は改善することが多いのですが、そういった症状は他の原因で起こっていることも多くあります。
必ずなくなるというものではないということも頭に入れておきましょう。


合併症

腱膜手術の合併症はなんといっても、開瞼量や重瞼ラインの左右差です。
手術後抜糸までの間に顕著であればすぐに修正術を行う場合があります。
それ以降に目立つようになったものは術後3か月以降に修正術を行います。

腱膜性眼瞼下垂のよくある質問

生まれつきまぶたを挙げる筋肉が働かなかったりするため、まぶたを挙げることが出来ない。

詳しい治療はこちら

両側性が多く高齢者に多く見られます。見た目は上まぶたが延長して大きく被さっています。

詳しい治療はこちら

コンタクトレンズ長期使用や、パソコンなどの画面を長時間観る人などが原因で進行性です。

詳しい治療はこちら
ご予約・お問い合わせ
ページの先頭に戻る