Home > 眼瞼下垂治療項目

眼瞼下垂治療項目

先天性眼瞼下垂

生まれつきまぶたを挙げる筋肉が働かなかったり、力が弱かったりするため、筋肉を短縮したり自分の筋膜や腱を使って、まぶたを挙げることが出来るようにしたりします。

先天性眼瞼下垂の詳しい内容はこちら


老人性眼瞼下垂

老人性眼瞼下垂は両側性がほとんどで、ごくまれに左右差が生じることがあります。高齢者に多く見られ、コンタクトレンズ装用や外傷が原因でない状態を指します。

老人性眼瞼下垂の詳しい内容はこちら


腱膜性眼瞼下垂

腱膜性眼瞼下垂は、コンタクトレンズ長期使用や、パソコンなどの画面を長時間観る人、アレルギーなどで慢性的に目をこする頻度の高い人などが原因で進行性です。

腱膜性眼瞼下垂の詳しい内容はこちら

ページの先頭に戻る