Home > 眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、いままであまり知られずに症状だけが先行していた疾患(病気)で、治療を行うことで良くなるということを知らない方が多いように思えます。
大きく先天性、後天性、他の疾患が原因のものの3種類に分けられます。


実は自分が眼瞼下垂という疾患であることを知らないまま、実際に症状に悩まされている人が意外に多いのです。
ふと外に出て、ショッピングセンターやデパート、待ち行く人の中に、まぶたが垂れ下がっているご老人を見かけませんか?
まぶたが垂れ下がって目を覆うようになり、見えにくくなる…これが「老人性眼瞼下垂」です。
まぶたが開きづらいので、まぶたを挙げようとして額に力が入り、シワの原因を作り、同時に方や頭の筋肉にも力が入るので、肩こりや頭痛を併発することも有ります。
シワシワにまぶたの皮膚が伸びてきて垂れ下がり、瞳を覆っている方は、視野が狭くなってしまい、しばしば日常生活にも支障をきたします。


【先天性眼瞼下垂】

生まれつきまぶたを動かす筋肉が弱いことや、場合によってはほとんど働かないために、まぶたが開けにくくなります。


【後天性眼瞼下垂】

皮膚と組織が被さって開きにくい「老人性眼瞼下垂」と、長期のコンタクトレンズ使用、目を酷使する仕事やメイクのやり過ぎ、アレルギーなどにより始終目を擦るなどの慢性的な結膜刺激が原因で、挙筋腱膜がすべったり、外れたりしてまぶたが開けにくい「腱膜性眼瞼下垂」に分けられます。


【他の疾患が原因の眼瞼下垂】

神経原性眼瞼下垂症 (動眼神経麻痺や脳梗塞後遺症など)、筋原性眼瞼下垂症 (筋緊張性ジストロフィーや重症筋無力症など)、外傷性眼瞼下垂症(白内障・緑内障の術後や事故など)が挙げられます。

生まれつきまぶたを挙げる筋肉が働かなかったりするため、まぶたを挙げることが出来ない。

詳しい治療はこちら

両側性が多く高齢者に多く見られます。見た目は上まぶたが延長して大きく被さっています。

詳しい治療はこちら

コンタクトレンズ長期使用や、パソコンなどの画面を長時間観る人などが原因で進行性です。

詳しい治療はこちら
ページの先頭に戻る