目の専門院として

当クリニックは“目”の美容形成の専門院として、美容医療の各学会やシンポジウムで独自の方法や治療成績の発表などを積極的に行っています。
“目”はお顔の中でも印象の8割を占めると言われている最も重要な部位で、患者様のお悩みもやはり多く、種類も多岐に及びます。
私のライフワークともいえる“眼瞼下垂”についてご説明いたします。

眼瞼下垂とは

健康保険適用について

眼瞼下垂が保険診療の適用になるということを知ってください。
読んで字のごとく、まぶたが垂れて、物が見えにくいという機能低下現象がおきているわけですから、当然健康保険が適用になります。
診察をしていて、保険が効くということで驚かれる患者様が非常に多いので、まずはこのことを示させていただきます。

健康保険適用する条件を詳しく見る

生まれつきまぶたを挙げる筋肉が働かなかったりするため、まぶたを挙げることが出来ない。

詳しい治療はこちら

両側性が多く高齢者に多く見られます。見た目は上まぶたが延長して大きく被さっています。

詳しい治療はこちら

コンタクトレンズ長期使用や、パソコンなどの画面を長時間観る人などが原因で進行性です。

詳しい治療はこちら
よくある質問
ページの先頭に戻る